top

石英再生

title koshin

石英部品はある時間使用すると、石英がエッチングされたり、薬液の付着により、使用不可となり、そのまま消耗品として、廃棄されていました。
この使用済み石英部品を単純に再生するだけでなく、新品以上の品質をあたえる事を可能にしました。
使用済み石英部品の再生加工のほか、各種石英製品のご用命もお申し付けください。

 

 

拡散・ウェット関係

photo_sekiei01 photo_sekiei02 photo_sekiei03
ベルジャー
ウエハーボード
ウエハーボード
photo_sekiei04 photo_sekiei05 photo_sekiei06
洗浄槽
反応管
石英ガラスウール

 

 

ドライエッチャー・アッシャー関係

photo_sekiei07 photo_sekiei08 photo_sekiei09 photo_sekiei10
石英リング
フォーカスリング
シールドリング
石英リング
photo_sekiei11 photo_sekiei12 photo_sekiei13 photo_sekiei14
ウィンドウエンドポイント
ピーボート
石英ネジ
石英セル
photo_sekiei15 photo_sekiei16    
石英その他
※セラミック治具
   

 

      お問合せはこちらから 

再生石英ってなぁに?

再生石英とは、消耗品として取扱いされている「石英ガラス製部品」の廃棄品をリサイクルし再生加工を施したものです。

世界的な環境保護への動きを背景に、様々な分野でリサイクルが重要視されています。
しかし、いくらサイズや形が再現されていても、その品質が低下していては繊細な半導体などの製造過程において、使用することができません。

そこで、再生加工をすることで寸法の再現だけでなく、品質までも向上させることに成功したのが江信特殊硝子の「完全再生技術」です。

 

「完全再生技術」とは

■独自の再溶融法による不純物の除去
※火炎加工装置を改造し、従来より100℃高い温度で再溶融を行うことで、石英ガラス内の不純物を減少させることに成功。再生を繰り返すほど、内部の不純 物は減少してゆくため、新品以上に純度の高い石英ガラス製品の再生加工を可能にした。

■不純物を蓄積させないない研磨技術
エッチングされ廃棄対象となった部品も、反応側の汚染が懸念される層を完全に研削し、不純物のない【新しい層】のみを使用する。

これら技術のコンビネーションが新品以上に品質を誇る石英ガラス「完全再生技術」です。

 

再生前(使用済品)
photo_sekieid01
arrow1 再生加工後
photo_sekieid02
薬液により透明度がなくなり
エッチングされたベルジャー
  再生加工により、寸法が復元され
透明感と品質を取り戻した。

>> ページトップ